古民家  その一

 去年の今頃(8月27日~9月3日)はトルコにいたんですよねぇ~  

月並みですが 早いですね! もう1年経ちました!! 

帰った来た時の暑かったこと!  今年の夏も暑かったですが

去年の方が残暑は厳しかったかもしれません。

 今年の夏は うだうだとしていました  夏バテかと思っていましたが

そうじゃないみたいですね  予定がない夏だっただけのことなんですねぇ~   (*^_^*) 


 今日は 前から存在は知っていたんですよぉ・・・

ブログ友さんに刺激されて 撮ってみよう  と行って来ましたよ 

ナビを頼りに我街の 『 厚木市古民家・ 豪農 岸邸 』 
画像


 『 薬医門 』 がお出迎え

 おぉ!  思っていたより 立派ではないですかぁ 威厳がありますねぇ ( 明治19年 1886年 建築 )
画像

画像


 主屋は 木造2階建て 寄棟造瓦葺です  建てられたのは明治24年と言われています。
画像

 
 さっそくお家の中へ  なんと入館料無料でした。

敷居をまたぐと ♪ピンポン ♪ピンポン と鳴るのですが、 だ~れも出て来ないんです

ご自由にどうぞ! っと案内に書いてあったので 遠慮しいしい上がらせて

頂きました   お屋敷の中は私だけ (´・ω・`)?

 土間の明り取り・・・ この小さなカラフルなガラス窓を見たとたん

期待でワクワクしましたよ ((o(´∀`)o)) 
画像画像

















  



















 表玄関    タタキがタイルで なぜか中国風・・・
画像


 客間でしょうか?
画像


 火鉢が 見事ですよ  調べられないのですが 桐の木のようです

丸ごと刳り貫いていますよ  貝殻と漆の花模様が素晴らしかったです 

っと ユーモラスな炭入れ・・・ みなみ風好み・・ ^m^    
画像


 かわやへ行く外廊下からの眺め  (^。^)  
画像


画像画像



































 2階に上がる階段  

すごくがっちりと造られていますねぇ~ 
画像


っと その前に 照明器具(硝子の笠) 可愛いですねぇ~ 

 江戸切子? 
画像

 
 大きな座卓があった居間には こんな照明笠でしたよ (^_^)
画像


            本日は ここまで・・・   つづく  (´・ωゞ)    




 カルのことでは 皆様に 大変ご心配お掛けしました 

お陰さまで 今日病院より電話がありまして退院出来ることになりました (^_^) 

明日の夕方 迎えに行って来ます    

また、私の体のことも心配頂きありがとうございました  m(__)m  

古民家に行けるほど 元気です!  (*^_^*)    





古民家再生ものがたり?これから百年暮らす
晶文社
降幡 広信

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古民家再生ものがたり?これから百年暮らす の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ハーブの本 『ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし』
アロマージュ
貴族の生活を捨て、自分にとっての幸せを追い求めてきたベニシアさんが、ハーブのある田舎暮らしを提案。

楽天市場 by ハーブの本 『ベニシアのハーブ便り 京都・大原の古民家暮らし』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2011年08月30日 04:40
古民家が開放されてるんですね。
当時としは、ハイカラな家だたんでしょうね。
それとも最近まで澄んでたんですかねえ?
照明笠もエキゾチックです^^

カルちゃん退院よかったです。
元気な姿が早くみたいですね^^
2011年08月30日 07:44
こんにちは

古民家無料見学ですか
それにしてもきれいに管理されていて
これだけ維持して行くのも
大変なことですよね~
2011年08月30日 07:57
ホントにステキな古民家。
それも無料で入れるなんて…佳いなァ。
今回この記事を読んでいて思ったのは 極論ですけれど、極端なお金持ちって意外と必要だったんじゃないかと。
昔からのおかん持ちがパトロンとなって芸術を支え、今日の日本の文化の隆盛を見たと。
今 どォも芸術の停滞を感じるのは、所詮庶民の小銭を当てにしてるからじゃないかと。
偏った人にしか光はあたらず、先々で目が開くべき芸術が途中で頓挫していかないようにする必要性をこの建物から感じたんです。
ホンモノの大工も減っていってるもの…このような立派な建物なんて、ひょっとしてもぉ建てられる人はいないのかもしれない。
みなみ風 
2011年08月30日 12:13
 タフィー104さんへ

 こんにちはぁ
勉強不足のまま観に行ってしまいました (^^) 
このお屋敷は 平成10年3月10日に 岸 重郎平氏から厚木市に 主屋・土蔵が寄付されました。 市が修復し平成11年4月から一般公開され 7月22日には有形文化財に指定されたんですって
お屋敷の裏に 岸家の玄孫(?)に当たる方が住んでいらっしゃるとか・・

 和洋中・・・ まぁ いろんな様式が取り入れられているのでびっくりしました。 

 カルチン 夕方迎えに行ってきますね 
食欲もあり元気だそうです  早く 顔がみたいです (^^)

  
2011年08月30日 16:32
すてきな古民家ですね。
無料で見せて頂けるなんて、近かったら行きたいです。
照明の笠もお洒落ですね。
そんな所に気が付くみなみ風さん、私好みです。
火鉢もすてきだけど、炭入れ(?)可愛いです。
まだ続きがあるんですね。楽しみ♪
カルちゃん、退院したでしょうか。
元気にお帰り~とほお擦りしたかな~。
みなみ風 
2011年08月30日 20:04
 無門さんへ

 こんばんはぁ! 
しばらく お屋敷の中で ちょろちょろしていましたら 
管理されている女性が戻っていらっしゃいました 
広いお庭の草むしりをしていたそうですよ。
有形文化財と言っても 市の方でも管理する予算の捻出 大変だそうですよ。 

 私、「あの雨どいも凝ってますねぇ~」っと言いながら見ると
くもの巣が・・・
管理の女性 「 あら 取らなくっちゃ・・(^_^;)」っと 

 大きなお屋敷管理 いろいろ・・ありそうです  
   

広いお庭の草むしりをして帰って来られました
みなみ風 
2011年08月30日 20:43
 おーちゃんへ 

 こんばんは!  !(^^)! 
確かに 昔の大金持ちは 粋な投資をしましたよね
明治 大正時代に多くの画家 彫刻家が出たのは そのせいかも? 

 このお屋敷 細部まで見ていると
大工・建具大工・ 家具大工・ 型枠大工・造作大工 多くの職人魂を感じましたよ
 まだ調べてませんけど 襖の絵も名のある方なんでしょうねぇ~
みなみ風 
2011年08月30日 21:04
 えみりんさんへ

 こんばんはぁ (^_^) 

ここの古民家 雑誌にも載っていて 見せて頂きました。
資生堂のコマーシャルで撮影されたりもしたそうです。 
けっこう 有名なんですよ   私も 始めて知ったんですけどね (^^ゞ
 お家の中 いろいろ見ていると 遊び心感じますよ 
ユーモア 冒険心が いたるところに感じられました。 
 ところで お盆の支度をしていた時 見させていだたきましたが
 土間? かまど 味わいがありましたよ  えみりんさんのお家、由緒ありますよね  すごいお宝がありそう・・・(^^)
 
2011年08月30日 23:13
まずは、カルちゃん、退院よかったです(^_^)
家族と一緒にいるのが、、、なによりですよね。

それにしても、また雰囲気の良いところに行かれましたね。。。うらやましいですよ。(^_^)特に玄関の影と光の差し込んでくるところが、、、たまりません。建物マニアでなくても、、、これは惹かれます。
2011年08月31日 00:17
古民家、ステキですねぇ。
お庭が部屋の素敵な風景の一部ですね、
どの部屋も落ち着きがあっていいわ~(≧▽≦)

カルちゃん、無事退院できるようでよかった~(≧▽≦)
早くおうちに帰って甘えたいと思ってるところですよ、きっと!
明日は甘えん坊カルちゃんですね~!
2011年08月31日 05:36
素敵なおうち。どこを向いても気の利いたものが目に入りますね。
明り取りだったり、火鉢だったり、電燈だったり。。。
私もこの炭入れ気に入りましたぁ♪あは
続きも楽しみ~!

カルちゃん、退院おめでとうございます。
みなみ風さんもお疲れ様です。。。
2011年08月31日 06:10
トルコからもう1年もたったんですね~早いです
和庭園なんか心が 落ち着きます。切子の電気傘気に入ってしまいました~
カルちゃん退院よかったですね
しっかり抱きしめてあげてください
2011年08月31日 21:40
うむうむ、やりますね~、この古民家厚木にこんな素敵な和風建築があるとは。公開されたのもまだ最近なのですね。
これはいいです。落ち着いた和の佇まいの中に、キラリと光る洋の美しさ。心憎い演出です。
私が最近訪れた神戸の異人館も同時代に建てられたんだと思うと不思議な気持ちがします。あっちは基本的に有料での入場でしたが、、。
みなみ風 
2011年08月31日 22:16
 たかじさんへ

 ほんとうに 摘出手術にならなくって良かったです
もし 手術をしていたらと考えると 恐ろしいです (+_+)
今日も 1日元気にしていましたよ  一安心です。 

 たかじいさんに刺激されましたよ (^。^)  
ふと古民家に行ってみたくなりました。    
明治・大正の建物ってレトロっていいますけど なんでしょうねぇ~  
悪く言えば 海外被れ、おのぼりさん? 
でも 今となっては 独特な文化 凄い建物が美術品が生まれて日本に財産になりましたね     
 玄関の写真 私も気に入ってます (*^^)v 
みなみ風 
2011年08月31日 22:35
 マクちゃんへ

 こんばんはぁ (^。^)

そうね マクちゃんがおっしゃる通り! 
お庭も 計算され建物の一部ですね よく調和していました。 
畳に 正座して お庭を眺めたり のんびりしてきました。
ついでに 寝転びたかったけど 流石に出来ませんでした (^o^) 

 カルチン 甘えん坊になって大変! 頭を撫ぜてってしつこいの (^^) 
目の煩わしい痛みから解放されて 益々元気になったみたい 

 ありがとうございます m(__)m 
みなみ風 
2011年08月31日 22:50
 黎明さんへ 

 ほんとうに贅を尽くしてますねぇ 
襖 柱 建具 屏風 欄間 どこをみても一流の芸術作品ですよ 
凄いですね 富豪って (@_@) 

 カルは もうとっくに夢の中ですよぉ (^_^)  
みなみ風 
2011年08月31日 23:01
 ワイルドストロベリーさんへ

 トルコから帰って来た日 9月3日に 一緒に行った相棒さんと
お食事しましょうと 予約を入れたのに 台風が来るようなので
キャンセルしたんですよ  がっかり (+_+) 
でも 近いうちに お食事しに行きますけどね 

 切子の笠の照明 可愛いですよね  粋ですねぇ~ 
これも 特注で作らしたんでしょうね (@_@) 
それも これも 今でもインテリアで使えるものばかりですよね
 
 カルは 甘えて クンクンないては 頭を撫ぜろってうるさい
うるさい  でも 元気が一番! 家族みんなほっとしています。 
みなみ風 
2011年08月31日 23:12
 ミクミティさんへ

 うむうむでしょう?  古民家に置いてあるパンフを見ても
いまいちわからないんですよ  (*´-ω・)ン?  
岸邸を建てた人は 一代目の方のお名前は?  どなた?  
玄孫(?)になる方が このお屋敷の裏あたりにお住まいだそうなんですけどね。
また 行ってみようと思います 
豪農! 侮れませんねぇ~  細かい所まで凄いです。 

  

 
2011年09月01日 18:58
素晴らしい
良く残っているし
手入れが行き届いていますね
門はチョット大きすぎるような、、、
タタキのタイルは ハイカラですね
みなみ風
2011年09月01日 19:53
 バクさんへ

 こんばんはぁ (^^)
素人の私が このお屋敷の土間の明り取りの窓を見た時 
なんとも不思議な感覚で  期待でわくわくしました。
バクさんなら また見方が違うと思います・・
玄関は タタキもそうですが 外から見ると 全く現代的でした。
ところどころの壁は 白い壁がほとんどなんですが ところどころ薄い紫かかった青色だったりするんです   ハイカラです!  
 
2011年09月01日 23:43
こんばんは。
うわ~~!!すっごく素敵
厚木にこんなに素敵な古民家があるなんて全然知りませんでした。
ガラスや電気のなんとも繊細でオシャレなことワックワクしちゃいます♪
時間を重ねた木のツヤやぬくもりもとってもいい雰囲気を醸し出しているんですね。
はあ・・・素敵です
カルちゃん、その後いかがですか・・?
みなみ風
2011年09月02日 15:42
 桜子さんへ

 こんにちは! (^。^) 
厚木には あと何件かあるみたいですよ
また調べて ナビを頼りに訪ねてみたいと思います。  
岸邸! 期待以上に素晴らしかったですよ 
細部まで すべて文化遺産ですね 写真では写しきれませんでした
また 秋が深まったころ訪ねて行きたいと思います 

 カルは お陰さまで とっても元気ですよ !(^^)!  
ありがとうございます  m(__)m
  
2011年09月03日 10:20
カルちゃんの無事な退院、本当に良かったですね。
私もホッとしました。
この古民家は、素晴らしいですね。
とてもお洒落な作りだと思います。
照明器具の傘が、何とも言えない良い感じで、当時のここに住んでいらした方の、センスの良さが感じられますよね。
ここの古民家は魅力的です。私もいつか行って見たいです。
みなみ風 
2011年09月03日 11:48
 momijiさんへ

 こんにちは! 
カルのことでは ほんとご心配お掛けしました m(__)m 
今日も 元気!!  でも帰って来てから調子にのって食べ過ぎたのか
ちょっとお腹を壊したみたい (+_+)  

 豪農!! 凄かったんでしょうね  あたり一面の土地 岸家のものだったそうですよ  
随所に贅を尽くしているのが素人の私が見ても分ります。 
何! これ!? っと宝物探しをしている様で楽しかったです。  
秋は 行きたい所目白押しですね (^_-)-☆  
 
2011年09月04日 07:21
おはようございます
トルコ旅行楽しく拝見しましたが
もう一年がたつのですね...早いです。
カルちゃんも元気になられたようで
良かったです。
厚木市古民家凄いです、古さの中に
一つ一つ素晴らしい物がありますね...♪
みなみ風 
2011年09月04日 22:42
 yokokuraraさんへ

 こんばんはぁ (^^) 

 去年の今頃は トルコから帰ってきて 時差ボケしてましたねぇ 
いろんな国へ行きましたが もう一度イスタンブールは行ってみたいです。

 カル、たぶん目がずっと煩わしかったんでしょうね
左目は もう見えていませんが ずっと楽になったんでしょう・・・
まだまだ元気で頑張って欲しいです。 

 岸邸には びっくりの連続でした  紹介しきれない写真も
まだあるんですよ   厚木市の宝ですね
市も太っ腹! 無料で開放してくれるので 
また 近い内に行って明治時代にタイムスリップしてみたいと思います 
  ((o(´∀`)o))
タラオのパパ
2011年09月06日 19:41
おおおおおーっ

墨入れの横に南風さんの残影が・・

カンザシ使用のヤマトナデシコだったんですね。
みなみ風 
2011年09月06日 23:27
 タラオのパパさんへ

 おおおおおーって  (@_@;)
ドコo(・ε・*o)(o*・з・)oドコ  
みなみ風が 写真のどこぞに写り込んでいるのかと思いましたよ  (*^。^*)
でも遠からず当たってますよ  
この墨入れを撮るのに ほとんど寝転んでいましたから 
下からのアングルでしょう?  ^m^
 他の素敵な置き物は 興味ありませんでしたけど
ちょっと親近感もありのこの墨入れは 持って帰りたかったですよ  (^。^)

この記事へのトラックバック

  • お雛様  

    Excerpt:  友人に  「 今 岸邸にお雛様が飾られているよ 」 っと聞いて  Weblog: 日々のあれこれ racked: 2013-03-04 00:54